ホーム家を建てたい > 長期優良住宅とは

長期優良住宅とは

末長く使用できる高性能住宅

長期優良住宅とは、世代を超えて住み続けていける住宅として”国が認めた質の高い住宅”です。
これまで、短い周期で建て替えられてきた一般的な住宅スタイルを見直し、住宅の寿命を延ばすことで、住宅解体による環境負荷を減らし、資産価値を高めるというのが目的です。
新築時に住宅の性能強化を求められ、居住後にも計画的な点検・補修が必要となる反面、減税などの優遇処置が導入されています。
もちろん、耐久性や耐震構造による安心や住み心地の良さは長期優良住宅ならではの魅力があります。

長期優良住宅

このページのトップへ

優遇処置をしっかり活用

長期優良住宅の認定を受けた住まいは、税制上の特例措置や金利の低いローンが利用できます。
平成21年度税制改正においては、過去最大規模の住宅ローン減税が実現されました。
そのうち長期優良住宅については、最大控除額は600万円に達します。

最大控除額は600万円

※5,000万円の控除対限度額は、当該住宅取得に係る消費税率が8%又は10%の場合に限って適用されます。
国土交通省各税制の概要(PDF)


また長期優良住宅は、計画的なメンテナンスにより、高い資産価値を維持したり、そのメンテナンス情報が残るため売却しやすいというメリットがあります。

このページのトップへ

あなぶきホームの長期優良住宅商品ラインナップ

  • SA-QU-YA 樹もれ美 わがまま、こだわり、より個性的な住まいを自由設計でかなえる家 自由設計
  • Eco-kuras 家計にも環境にも優しい住まい 自然素材

このページのトップへ

  • お問い合わせ
  • 資料請求

このページのトップへ